お役立ち情報

車内に溜まる砂を掃除する方法と予防策

更新日:2022年10月31日

23627750_s

車の座席やフロアカーペットは汚れやすいです。

土足で乗り降りするために、自然とカーペット部分は汚れていき砂が溜まります。
砂だらけのカーペットは汚く見た目が悪いでしょう。
掃除しようと思っても年季が入ったカーペットでは、砂が繊維に染みこみなかなか綺麗になりません。
もしも砂の溜まった車内を放置するとどうなるか、そして掃除する方法をご紹介します。

車内に溜まった砂はカビの原因

車内に土足で乗り降りするので、靴についた砂が車内に入ってきます。
特に雨の日や砂場などを歩いてから乗り込むと砂が溜まりやすいです。

 

そして車内に溜まるのは砂ばかりではなく、食べかすや飲みこぼし、汗や皮脂、髪の毛などもあります。

これらのゴミは混ざり合い悪臭を放つばかりか、カビを発生させます。
フロアシートにカビが発生すれば、そのまま風に乗って車内を舞い搭乗者が吸い込むのでアレルギーの原因になります。
砂が車内に溜まったならば、早めに掃除して綺麗にした方が良いでしょう。

 

車内の砂を綺麗にする方法

車内に溜まった砂を掃除するときには以下の道具を用意してください。

 

・布団叩き
・綿棒
・歯ブラシ
・雑巾
・掃除機
・コロコロ

 

最初にフロアマットを取り外し、物干しなどにかけて布団叩きで叩いて砂を落とします。
布団叩きがなければ柄の長い道具なら代用可能です。
マットの細かい溝は綿棒や歯ブラシを使って砂をかきだします。
濡らさずに乾いたままの綿棒や歯ブラシを使ってください。

 

タオルを濡らしてから絞って、車内のダッシュボードやシートなどを拭いてマットからこぼれた砂を綺麗にします。
その後に掃除機を使ってフロアシートを掃除して、全体の砂を取り除きましょう。

 

掃除機にはフィルターがついているので、砂を吸い込んでも壊れません。
最後にコロコロを使って残った細かい砂を取り除きます。

細かい部分の掃除

マットの細かい溝に入った砂は掃除機で吸い込んでも取れません。
歯ブラシでかきだすか、布団叩きで叩いて浮かせてから吸い取りましょう。
細かい砂の多いフロアマットでも、歯ブラシや布団叩きで浮かせてから掃除機で吸い込めば綺麗になります。

ハンディクリーナーがあれば電源が必要なく、部屋から離れた場所でも使えるので便利です。

 

またフロアマットの汚れが酷いならば、洗剤を使って洗ってください。
洗った後はよくすすぎを行い、その後しっかり乾かしましょう。
十分に乾かず車に戻すと、マットにカビが生えて掃除の意味がありません。

 

車内の掃除

フロアマットに目立つぐらい砂が溜まっていれば、車内の他の場所も汚れています。
シートの掃除後は車内の掃除をしましょう。

 

フロアマットを掃除した道具で車内の掃除もできます。

最初にフロアやシートに掃除機をかけましょう。
砂の他に埃が溜まっており、食べかすなどもあるのでそれらを吸い取ります。
シートの下にもゴミが溜まっているので、掃除機をシート下に入れてゴミを吸い取りましょう。
シートの足など綺麗にしにくい部分も埃があるので忘れずに掃除します。

 

掃除機を使っても取れない部分は歯ブラシや大きめのブラシで擦って落とします。
ブラシで履きながら掃除機をかけると綺麗になるでしょう。
ただし勢いよくかきだすとゴミが飛び散りシートの下などに入り込むので、掃除機を当てながらブラシを使うと飛び散らずに綺麗にできます。

 

ちなみにブラッシングを行うと顔にも砂や埃が飛び散るので、口を開けていると中に入り込むかもしれず注意してください。

特に溝部分はゴミが溜まり取りにくいので、ブラシでゴミをかきだしてください。
シートは掃除機をかける他にシートにはコロコロを使って綺麗にすると髪の毛などが取れます。
ドアとシートの間はガムテープを使った方が掃除しやすいです。

ダッシュボードや天井の掃除

時間があればシートやフロア以外も掃除しておきましょう。
バケツに水と洗剤を入れて、雑巾を濡らして絞ります。
絞った雑巾でダッシュボードやシート、手すりなどを拭いてください。
雑巾が汚れたら洗って綺麗にしてから使います。

 

特にハンドルや手すりはよく触るので汚れやすいです。

エアコンの吹き出し口やドリンクホルダーなどは綿棒を使って掃除して、見える汚れは先ほどの雑巾を使って拭き掃除しましょう。

普段からドリンクホルダーを使っているならば、飲み物がこぼれてベタベタになっているかもしれないので、雑巾で念入りに拭きます。

 

全体の掃除が終わったら、最後にドアの内側も雑巾で拭いて忘れず掃除してください。
これで車内の掃除は終了です。

 

シートや車内を掃除するのは意外にも大変であり時間がかかります。
フロアマットを掃除して水洗いしたならばよく乾かさないといけません。
もしも掃除したいけど行う時間がないという方は、プロの業者に依頼すれば車の隅々まで綺麗にしてくれるでしょう。

 

まとめ

車内は靴に挟まった砂が入り込むので、フロアマットやシートに砂が溜まっていきます。
砂の他にゴミが入り込み溜まったままにするとカビの原因となり体に良くありません。
ある程度汚れてきたと思ったら、掃除機やブラシを使ってフロアマットを掃除してください。

 

時間があれば車内の掃除もしておくと綺麗になって良いでしょう。
もしも自分で掃除する時間がない方は、プロの業者に依頼すると行ってくれます。

ユナイトの施工事例はこちら

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム