お役立ち情報

【コーティング剤】おすすめの選び方と施工方法を解説!

更新日:2019年04月16日

【コーティング剤】おすすめの選び方と施工方法を解説! イメージ

車を特殊な素材の被膜で覆うことで傷や汚れから保護できるコーティング剤はとても便利です。
愛車をきれいに保つためにも使いこなしたいコーティング剤ですが、その種類は豊富です。
どうやって選べば良いのかをはじめ、コーティング剤の施工方法についても知っておきましょう。

 

おすすめのコーティング剤の種類について

まずはコーティング剤の種類を把握しておきましょう。
車に使われるコーティング剤は、大きく3つに分けることができます。

 

・ガラス系コーティング剤
・ポリマー系コーティング剤
・油脂系コーティング剤

 

以上3つのコーティング剤があり、それぞれ特徴なども違います。
その違いを理解することが、最適なコーティング剤を選ぶためにも必要です。
ガラス系コーティング剤はさらに硬化系と繊維系に分けることができますが、どちらも耐久性に優れるのが最大の特徴です。
しっかりと施工しておけば3年前後は車体を保護してくれると言われていて、単純な保護性能だけで見れば一番です。
次にポリマー系コーティング剤ですが、こちらはガラス系とは違いフッ素や樹脂といった成分を使用しています。
少し前まではこのポリマー系コーティング剤が主流で、価格の安さなどもあって人気を集めていました。
ただ耐久性は高くなく、1年持たずに効果が弱まっていくことが珍しくありません。
そのためこまめにコーティングし直す必要があり、結果的に費用もかさんでしまう可能性が出てきます。
最後に油脂系コーティング剤ですが、これは車に塗るカーワックスをイメージしてもらえば良いでしょう。
油脂で車体を覆うことである程度の保護能力を期待できますが、カーワックスの最大の目的は艶出しです。
そのためガラス系やポリマー系と比べると耐久性は低くなります。
水を弾くという点では優れていて、さらに価格がもっとも安いのと手軽さがメリットでしょう。
愛車のコーティングを考える場合、こうした違いのある各コーティング剤から最適なものを選ばなければなりません。

 

おすすめのコーティング剤の選び方

特徴をふまえたうえでコーティング剤を選べるようになりましょう。
先程紹介したように、各コーティング剤でそれぞれメリットが違います。
たとえば傷や汚れから保護することを最優先するなら、耐久性が高く保護能力も高いガラス系コーティング剤がもっとも適しています。
塗装作業は難しく、自分でやるのは大変なので基本的にはプロに依頼するのがベストでしょう。
費用も高くなってしまいがちですが、その分性能面に関してとても優れています。
一方でポリマー系コーティング剤や、油脂系コーティング剤はガラス系コーティング剤と比べてコーティング作業がしやすく、価格も安くなっています。
費用をかけずに愛車をコーティングするなら使いやすいコーティング剤です。
ただし、耐久性はどうしても低くなってしまい、愛車を保護するという面では少し不安が残ります。
性能を取るか価格を取るかの2択のようなものです。
どちらを優先するかは人によって考え方が違うため自分に合ったコーティング剤を選ぶことがポイントでしょう。
愛車をしっかり保護したいならガラス系コーティング剤がベストですし、なるべく費用を抑えたいならポリマー系コーティング剤や油脂系コーティング剤も選択肢になります。

 

コーティング剤の施工方法とは?

コーティング剤を自分で塗るための方法も覚えておきましょう。
まずは下地処理からです。
下地処理では車を洗車し汚れを落としていきます。
単純な水洗いではなく、カーシャンプーも使って徹底的に汚れを落としましょう。
下地処理を丁寧に行うかどうかで仕上がりにも差が出ます。
この作業が終わったらいよいよコーティング剤を塗ることになります。
ボディにコーティング剤をムラなく塗っていき、塗り終わったらしばらく屋根がある場所で放置してコーティング剤が硬化するのを待ちましょう。
基本的にはこの流れで施工すれば良いのですが、実際にやってみると大変な作業です。
十分に汚れを落とすのも大変ですが、ムラなくコーティング剤を塗っていくのも大変です。
また、もし傷や錆などがある場合、傷の補修や錆落としなどの作業も必要になります。
自分での施工は費用を抑えられますが、納得のいく仕上がりにならない場合もあります。
多少費用がかかってしまっても専門業者にお願いするのも良い選択です。
特に作業に慣れていない方は失敗も増えてしまうので、無理せずプロを頼るのも必要になってきます。

 

まとめ

車のコーティング剤には種類があり、それぞれで価格や特徴が違います。
おすすめはガラス系コーティング剤ですが、予算などもふまえてコーティング剤選びをするようにしましょう。
コーティング剤は自分で塗ることも可能ですが、作業は大変で技術的に難しい部分もあります。
自分でやるのは大変だと感じたら無理をせずにプロに依頼してみましょう。
専門の知識や技術を持った人がしっかりとコーティングしてくれます。
愛車を保護するためにも、コーティングは欠かせないので定期的に行うようにしましょう。

 

ご相談・お見積はこちら♪

  • 関東エリア 今すぐ!タップしてお電話ください。0120-00-2818
  • 関東エリア 今すぐ!タップしてお電話ください。072-970-5152
  • 交通アクセス
  • メール相談

お問い合わせ・お見積もり

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム