お役立ち情報

車の梅雨対策は雨ジミがポイント【梅雨時期のメンテナンス】

更新日:2021年07月2日

222526_s

梅雨入りすると雨の日が増えていき、愛車は思った以上にダメージを受けます。

雨は水だけではなく、ゴミやホコリなども取り込み降り注ぎ、車のボディを汚していきます。
雨が降った後早めに洗車すればボディへのダメージを防げますが、放っておくと雨ジミになることもあります。
この記事では、梅雨のメンテナンス方法として雨ジミ対策をご紹介します。

梅雨に時期は車がダメージを受けやすい

梅雨入りすると、1日中雨の日もあります。
湿度が高くなり、じめじめとして、過ごしにくい時期であり、車はダメージを受けやすい時期です。
黄砂やPM2.5の有害物質が風に乗って日本まで届き、それは梅雨時期の雨に含まれ、雨水と一緒に降り注ぎます。

 

有害物質の含まれている雨は、車に降り注ぐと塗装にダメージを与えるのです。
雨が降っても何も対策をしないと、塗装が色褪せていき、シミが発生します。

シミは雨ジミと呼ばれる汚れであり、車の塗装面に付着した雨が乾いてできたシミです。

 

雨が蒸発して雨水に含まれるホコリやゴミ、黄砂、PM2.5などが焼きつきます。
そのまま放置すると固着してしまい、洗車しても落ちないです。
頑固なシミになると削り取らないとならず、塗装まで剥がす恐れがあります。

 

梅雨の時期の雨ジミ対策

梅雨の時期の雨ジミは、車に降り注ぐ雨が原因で発生するので、できるだけ雨に濡らさないのは対策の1つです。
車を駐めておくときは、屋根付きの場所に置くようにします。

屋根のない場所に駐車しておくならば、ボディカバーを使って車を雨から守ってください。

 

しかし、梅雨の時期の雨の中で車を走らせれば、ボディに雨は降り注ぐので、まったく雨が車につかないようにするのは難しいかもしれません。
駐車場に屋根がなく、ボディカバーを使えないという方もいるでしょう。

 

雨が降って時間が経つほど、車のボディのシミは酷くなり落ちにくくなるので、雨が降った後はできるだけ早く洗車します。

 

洗車時間が取れない方は、雨が降った後に吸水性の高いクロスやタオルを使用して、車のボディに付着した雨を取るだけでもシミ防止効果があります。

 

梅雨時期の車の洗車方法

梅雨時期であっても、雨が降った後のメンテナンスは洗車が基本です。
この時期に使うカーシャンプーは、水垢を落とせるタイプを使います。
また、ボディには鉄粉やピッチが付着するので、粘土タイプのクリーナーも使用します。

 

洗車で使用する道具は、以下の通りです。

 

・水垢シャンプー
・スポンジ
・粘土クリーナー
・マイクロファイバークロス
・ワックス

 

使用するワックスは、耐久性があり、濡れた塗装面にも使用できるタイプを用意します。

車の洗車の手順

1、水洗い

最初に水洗いします。
ボディにホコリやゴミが拭いたまま洗車すると、それらが研磨剤のようになって塗装を傷つけるので、洗車前には水洗いしてホコリやゴミを取り除きます。

 

2、スポンジにシャンプーをつける

スポンジに直接つけるタイプのシャンプーと、バケツなどに入れた水と混ぜて使うタイプのシャンプーがあります。
多機能シャンプーは、直接スポンジにつけるタイプが多いです。
スポンジにシャンプーを含ませたら、揉むようにして泡立ててください。

 

3、洗車する

洗車するときは、車の上部から下部に向かって洗います。
最初は車のルーフ部分から洗っていき、ボンネットやトランク、側面などを洗い、最後にホイールを洗います。

 

4、すすぎと拭き上げ

スポンジで洗った後は、すすぎを行います。
シャンプーが塗装面で乾くとシミになるので、洗車は丁寧に素早く行ってください。
洗剤成分が塗装面に残らないようによくすすぎ、最後にマイクロファイバークロスで拭き上げます。
すすいだときの水も塗装面で乾くとシミになるので、拭き上げは隅々まで行い、水滴を残さないようにします。
最後に、フロントガラスなどのガラス部分の水滴を、ハンドワイパーやクロスで取り除きます。

 

5、粘土クリーナーで洗う

塗装面には鉄粉やピッチが付着しているので、粘土クリーナーで取り除きます。
最初に塗装面を霧吹きでスプレーして水で濡らし、水を切らさないようにして、塗装面で粘土クリーナーを滑らせます。
ざらつきや引っかかる部分がなくなると粘土クリーナーでの磨きが終了です。
粘土クリーナーが使いにくいならば、スポンジに埋め込んで使用すると使いやすいです。

 

6、ワックスを塗る

洗車と粘土クリーナーでの磨きが終わったら、最後にワックスを塗ります。
クロスにワックスを染みこませ、塗装面で塗り広げるようにして、ワックスを塗っていきます。
濡れた部分で使用するときは、クロスをこまめに絞ってください。
ボディの端や細かい部分も、忘れずにワックスがけするようにします。

コーティングする

梅雨の時期は、数日続けて雨が降ることもあり、雨が降るたびに洗車していては大変です。
ワックスをかけても雨からボディを守る効果はありますが、ワックスの効果はすぐなくなります。

 

水切れ重視の撥水性のコーティングを施すと、コーティング効果は3ヶ月や6ヶ月続き、梅雨のシーズンを乗り切れます。

コーティングすれば汚れを落としやすくするので、梅雨時期の洗車が楽です。

 

コーティングはDIYでも行えますが、下手に行うとコーティングにムラができて効果が薄れます。
失敗なく行うならば、業者にコーティングしてもらうのがおすすめです。
お近くのコーティングしてくれる業者を探してください。

 

まとめ

梅雨の時期は、雨の日が多くなるので、車は雨でダメージを受けやすいです。
雨が降ってそのまま放置すると、雨ジミができるので、早めに洗車してメンテナンスします。
梅雨の雨の後に毎回洗車するのは大変なので、コーティングしておくと雨から車を守り汚れを落としやすくします。
撥水性のあるコーティングを行うならば、プロの業者に依頼してください。

ユナイトの施工事例はこちら

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム