ガソリンスタンドでコーティングすることについての質問

ガソリンスタンドでのコーティングについて知りたい!

Q:ガソリンスタンドのコーティングは良い悪い?

d860f4712bbbc38b140a2a3e69faefb5_l

 

今度のボーナスがでたら、念願の新車を買う予定です。購入予定の車は、アウディのAudi A3。ボディカラーは、ナバーラブルーメタリック。紺色のボディカラーがすごく気に入っています。
ぼくにとっては初めての車であり、新車でもあります。だから、できれば長く大切に乗っていきたい。ネットや雑誌の情報では、パールやメタリック系のボディカラーの車は、劣化やお手入れも大変だと聞きました。

 

ガラスコーティングがベストだと聞いたが

これも同じくネットや雑誌での掲載記事をもとにした情報ではありますが、ボディを長持ちさせる秘訣は、「コーティング」。それもガラスコーティングが良いと書いてあります。
お値段を調べてみると、カーディーラーや専門店での価格がバラバラ。サービス内容も含め、イマイチ何が良いのかわかりません。

 

街角でよく目にするガソリンスタンドでのコーティングって?

雑誌の情報や友人・知人の話では、専門店でのコーティングが良いようなのですが、やはり少しお高め…。それに比べ、ガソリンスタンドでのコーティングはかなりリーズナブルに見えます。
そこでコーティングのプロに質問なのですが、ガソリンスタンドのコーティングと、プロショップの違いを教えてもらえませんか?またプロショップのコーティングは「ココが違う!」というポイントがあれば、それも教えてほしいです。

 

A:コーティング専門店とガソリンスタンドの違いは耐久性にアリ

faq_img01

 

業種によるコーティングの違いについての質問、ありがとうございます。
「価格と耐久性は比例する」これはコーティングの業界内で良く言われる話です。
コーティングは、単にボディに溶剤を塗って終わり。というものではなく、「洗車 ⇒ 下地づくり ⇒ 溶剤塗布 ⇒ 溶剤定着 ⇒ 仕上げ」という工程を経て輝きやツヤを出すもの。そのためには、技術(経験)・道具・環境の3要素が必要です。
これは同時に、耐久性にも言えることです。

 

ガソリンスタンドと専門店ではサービスの目的が異なる

私たちはコーティングの専門業者ですが、ガソリンスタンドでのコーティングを否定するものではありません。ただご理解いただきたいのは、そもそもこの両者では商売のスタンスが異なります。
ガソリンスタンドは、日々ガソリンを量り売りし、同時にバッテリーやタイヤ・オイルなど、車関係の消耗品を扱う小売店です。
お客さんには一週間に一度、できれば毎日来てほしい。一方、われわれコーティング店は、技術を売りにする専門家。お客さんにリピートしていただきたい気持ちはあるものの、そのスパンは2~3年です。

 

結果的に安くつく専門店でのコーティング

仮にガソリンスタンドでのコーティングが、1年の耐久性をもっていると仮定すると、専門店はその2~3倍もの耐久性を誇ります。ガラスコーティングなど、耐久性に優れたサービスであれば非常に長い間、車の輝きは持続します。
専門店には、技術(経験)・道具・環境の3要素が揃っています。確かに、リーズナブルな施工は魅力的です。しかし車のトータルのケアという観点から見ると、専門店での施工の方がリーズナブルだといえるのではないでしょうか。

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム