お役立ち情報

車内にいる時の紫外線対策は不要?手軽にできる紫外線対策を紹介

更新日:2022年07月29日

22177070_s日差しの強い時期になると日焼けや肌へのダメージを気にする方も多いでしょう。

車を運転している間も紫外線は車内に降り注ぐので、沢山浴びればお肌にダメージを与えます。
紫外線が気になるならば車の紫外線対策を行いましょう。
この記事で手軽に行える紫外線対策をご紹介します。

車内にいても日焼けはするのか?

車には普通のクリアガラスの他に紫外線を防ぐUVカットガラスもあり、最近はさらに紫外線を防ぐ効果を高めたスーパーUVカットガラスも登場しました。
車のガラスの紫外線カット率によって、日焼けしやすいかどうか決まります。

 

・クリアガラス : 日焼けしやすい
・UVカットガラス : 日焼けしにくい
・スーパーUVカットガラス : ほぼ日焼けしない

 

UVカットガラスはほぼ紫外線を通しませんが、100%カットするわけではありません。
そのために長い時間UVカットガラスを通じで紫外線を浴びれば日焼けします。

 

また最近の車のフロントガラスはUVカットガラスですが、サイドウィンドウはクリアガラスです。
サイドにあるガラスから紫外線が入り込み日焼けする場合もあります。

日焼けはお肌にダメージを与える

お肌が紫外線を浴びれば日焼けしていき、肌は次第に黒くなっていきます。
日焼けサロンなどで自ら進んでお肌を焼く方もいますが、日焼けはお肌にダメージを与えます。

 

・肌のバリア機能低下
・シミになる
・肌の老化
・DNAへのダメージ

 

紫外線を浴びればお肌が赤くなり、DNAにダメージを与えます。
皮膚癌を誘発する恐れがあり、紫外線はお肌に良くありません。
また紫外線を浴びれば、お肌にシミができる場合もあり、長時間紫外線を浴びるとシミが消えなくなります。

 

手軽にできる紫外線対策

車の紫外線対策を行うならば、窓ガラスをUVカットガラスに変える方法がありますが、お金がかかり交換に時間を要します。
手軽にできる紫外線対策があります。

日焼け止めクリーム

お肌が露出している部分に塗るだけで紫外線を防いでくれます。
塗るだけで紫外線対策できるので手軽です。
紫外線が当たりやすい顔や腕を中心にクリームを厚めに塗りましょう。

 

日焼け止めクリームは、SPFの値が高いほど紫外線防止効果があります。

紫外線対策に使うならば、こまめにクリームを塗っておきます。
汗をかくとクリームが流れ落ち、また時間と共に紫外線防止効果が弱まるので、気がついたら塗るようにします。
ベタベタしないジェルや、手軽に塗れるスプレータイプなどもあります。

サングラスや手袋

紫外線はお肌のみならず目にも降り注ぎダメージを与えます。
また目が紫外線を浴びれば、メラニンを生成する指令を体が出しお肌を黒くします。

 

サングラスまたは紫外線カットグラスを着用すれば、目を紫外線から守れます。
人によってはサングラスを着用すると視界が悪くなり運転しにくいです。
視界を妨げないようにするならばサンバイザーを使いましょう。
サンバイザーも目など顔に降り注ぐ紫外線の量を減らしてくれます。

 

手も紫外線を浴びますが、クリームを塗っても何かを触るなどしてすぐ効果が薄まります。
ハンドルを握ればフロントガラスから手に紫外線が降り注ぐので、手袋を着用して紫外線を防止します。

サンシェード

フロントガラスなどは紫外線対策をしますが、意外にリアガラスの対策は忘れがちです。
リアガラスの紫外線対策ならばサンシェードが使えます。
サンシェードをリアガラスに設置するだけなので、手軽に紫外線対策を行えます。

 

ただし後の視界が悪くなるので、視界を妨げないようなサンシェードを使いましょう。
サンシェードはリアガラスのみならず、サイドガラスにも使用でき眩しい時に日光を遮る目的でも使えます。

UVカットフィルム

紫外線を防止するフィルムでありガラスに貼って使用します。
貼るだけで紫外線対策になり、車内に入る紫外線を少なくします。
透明なフィルムから色つきのフィルムまで、好きな色のフィルムを使用できます。

 

市販のフィルムを使う時は、可視光線透過率に注意しましょう。
フロントガラスや運転席側のガラスは、透過率が70%以上でないと車検に通らないために、透過率70%以上のフィルムを購入します。
特にスモークタイプであれば透過率が低くなりやすいので注意してください。

 

UVカットフィルムであれば、車のどの窓にも貼れます。

自分で貼るとなれば車のガラスの曲面に対して、空気を入れずシワを作らず綺麗に貼るのは大変です。
カットフィルムを貼る時は、専門店に依頼すると綺麗に貼ってくれます。

 

まとめ

日光が降り注げば紫外線が含まれるために、車内にいても日光を浴びると日焼けします。
日焼けするとお肌にダメージを与えるために、車の紫外線対策を行いましょう。
紫外線対策は日焼け止めクリームやサンシェードもありますが、UVカットフィルムを貼ると窓ガラスが紫外線を防ぎます。
日焼け止めクリームもサンシェードも使う必要がなくなります。
UVカットフィルムは自分で綺麗に貼るのが難しいので、プロの業者への依頼を検討してください。

ユナイトの施工事例はこちら

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム