お役立ち情報

フロントガラス内側の汚れはどう落とす?

更新日:2021年06月23日

4565209_s

 

車のガラスは自然と汚れるものであり、フロントガラスの内側も汚れてきます。

 

汚れれば視界が悪くなり、運転しにくいです。
他の場所のガラスと比べると、フロントガラスの内側は掃除しにくいですが、簡単に掃除するにはコツが入ります。
この記事で、フロントガラスの内側の汚れの落とし方をご紹介します。

フロントガラスの内側の汚れの種類

フロントガラスの外側は、ワイパーとウォッシャー液によって綺麗にできますが、内側はワイパーがないので、タオルで拭いて綺麗にしないとなりません。
内側につく汚れは、以下の2つのタイプがあります。

 

・水性の汚れ
・油性の汚れ

 

汚れの種類は、ホコリ、タバコのヤニ、油汚れ、手垢などです。
水性の汚れは落としやすいですが、油性の汚れは落としにくく、下手に拭くと拭きムラやスジができます。
油汚れは手垢やタバコのヤニであり、落としにくい汚れです。
その他にも、フロントガラスの内側にはスマホホルダーのようなものの吸盤の跡もついていることがあります。

 

フロントガラスは、傾斜によって掃除しにくく、ダッシュボードの上部分などと細かい部分も掃除しにくく、ステアリングやディスプレイが掃除の邪魔をします。
車内なので、ホースなどで水をかけて掃除するわけにもいきません。

 

フロントガラスの汚れの落とし方

フロントガラスを掃除するときには、以下のアイテムがあると便利です。

 

・ハンディワイパー
・マイクロファイバークロス

 

これらのアイテムがなくても掃除できますが、楽に掃除するなら1つ用意しておくと良いでしょう。
フロントガラスの掃除方法は、いくつかあるのでご紹介します。

蒸しタオルで掃除する

蒸しタオルの蒸気は、油を浮かして汚れを取る働きがあります。
蒸しタオルで汚れを浮かせて、その後にマイクロファイバークロスで拭き取れば、フロントガラスが綺麗になります。

 

掃除するときに用意するのは、蒸しタオルとマイクロファイバークロスの2つです。
タオルを濡らして軽く絞り、ラップで包んでレンジで1分ほど温めれば、蒸しタオルはできあがります。
掃除の仕方は、以下の通りです。

 

1、蒸しタオルでフロントガラスの内側を拭く
2、仕上げにマイクロファイバークロスで拭く

 

ガラスの内側に水滴が残らないように、マイクロファイバークロスで仕上げてください。
蒸しタオルは熱いので、火傷しないように注意しましょう。

エタノールを使って掃除する

頑固な油汚れには、無水エタノールや消毒用エタノールが使えます。

 

無水エタノールは水分を含まないので、消毒用エタノールよりも濃度が濃いです。
エタノールを使用して掃除するときは、引火に注意し、揮発性があるために車内を十分換気してください。
エタノールでの掃除方法は以下の手順です。

 

1、濡れているタオルでフロントガラスを拭く
2、タオルにエタノールを含ませて拭く
3、汚れを取った後は、最後にマイクロファイバークロスを使い仕上げを行う

 

エタノールの成分によって、ガラスの油汚れも綺麗に落とせます。
掃除するときには、キッチンなどの除菌用アルコールを使っても構いません。

新聞紙で掃除する

新聞紙を使っても、フロントガラスの汚れを落とせます。
紙に含まれるインクが油分を溶かし、新聞紙の繊維が汚れを取り込んで落としてくれます。
新聞紙さえあれば、ガラスの掃除を行えます。

 

1、新聞紙を濡らして、フロントガラスの内側を拭く
2、乾いた新聞紙で拭いて仕上げる
3、最後にマイクロファイバークロスで拭いて、ガラスの水分を取り除く

ガラスクリーナーで掃除する

フロントガラスもガラスなので、ガラスクリーナーも掃除に使えます。
アルコール入りの、さらさらしたタイプを使ってください。
ガラスクリーナーを使うと、乾拭きが必要ありません。

 

掃除するときは、ガラスにクリーナーを拭きかけて、タオルで拭くだけです。
水性の汚れはもちろん、油汚れも綺麗になります。

 

フロントガラスを掃除するときの注意点

掃除するときには、泡タイプやエアゾールタイプのクリーナーは使わないようにします。
これらの成分のクリーナーを使うと、拭きムラやスジが発生してしまい、ガラスが綺麗になりません。
粘着剤などの油がクリーナーに含まれているために、ガラスを拭くとムラができるのです。

 

クリーナーを使うならば、アルコール入りのさらさらしたタイプを使います。
ガラス用のクリーナーを使っても良いでしょう。

 

拭くときに使うタオルは、目の細かい方が良く、砂などがついたタオルでガラスを拭くと、ガラスを傷つけます。
掃除するときには、汚れのついていない綺麗なタオルを使ってください。
フロントガラスの掃除は、思ったよりも力がいるので、不自然な体勢で掃除することとなり大変です。

業者に車内クリーニングしてもらう

フロントガラスの掃除は自分でも行えますが、時間がなくて忙しい方や、掃除するのが大変そうと感じる方は、車内クリーニングサービスを利用してください。
車内クリーニングならば、フロントガラスはもちろん、車内の隅々まで綺麗にしてくれます。
自分で掃除しても、なかなか落ちない汚れも落とせます。
専用の機械や専用の洗剤を使うので、頑固な汚れも落ちます。

 

まとめ

車のフロントガラスは手垢やホコリなどで汚れていきます。
汚れて視界が悪くなれば運転しにくくなるので、汚れが酷くなる前に掃除しておきましょう。
タオルやマイクロファイバークロス、洗剤などを使うと汚れを落とせます。

 

自分でフロントガラスの掃除をしない方は、業者の車内クリーニングサービスを利用してください。

ユナイトの施工事例はこちら

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム