お役立ち情報

フロントガラスのワイパー傷は自分で消せる?

更新日:2021年10月31日

4844620_s

フロントガラスに物がぶつかっても傷ができますが、実はワイパーによっても傷が発生します。

 

ガラスに埃などがあるときに、うっかりワイパーを動かすと、レコード盤の表面のような傷ができるのです。
傷ができれば視界が悪くなり、事故を起こす危険もあります。
ワイパー傷と呼ばれているフロントガラスにできた傷は、自分で消せるのでしょうか?
この記事で、ワイパー傷について解説します。

なぜワイパー傷がつくのか?

ワイパー傷の原因は、古くなって硬くなったワイパーのゴムが原因です。
硬くなったゴム部分が、ガラスを引っ掻くので傷ができます。
または、ゴムに亀裂が入った状態でワイパーを使っても、傷ができる可能性があります。

 

その他に、フロントガラスに埃などのゴミがある状態でワイパーを使うと、ゴミがガラスを研磨して傷を作ります。
ゴミをガラスに擦りつけて、ヤスリがけをしている状態と変わりありません。
埃などのゴミは、ワイパーに傷をつけやすい原因です。

ワイパー傷があると視界が悪くなる

フロントガラスにワイパー傷があると、視界が悪くなり前方が見えにくいです。
傷があると光が乱反射するので、日中でも夜間でも前方不良となります。
日中だと太陽光が乱反射して、より眩しくなるでしょう。
夜間には、対向車のヘッドライトや前方車両のテールライトが乱反射し、ライトの光が余計に眩しく見えます。

 

前方が見えにくい状態で運転すると、危険なのはもちろん、視界不良となってイライラしてストレスも溜まるでしょう。
見た目が悪いという問題もありますが、安全性に関わるので、ワイパー傷を見つけたら早めに対処してください。

 

傷が大きいと車検に通らないので、その意味でも傷があれば早めに対処した方が良いでしょう。

 

ワイパー傷を消す方法

ワイパー傷は、どの程度の傷がついたかによって対処方法が違い、浅い傷ならば自分でも消せます。
レジンを流して硬化させてリペアする方法ではなく、ワイパー傷であれば磨いて消していきます。

浅い傷は磨いて自分で消せる

傷が浅い状態ならば、自分で磨けば傷が消えます。
細かい傷なので、市販の研磨剤を使って磨けば良いでしょう。
磨いて消すときの手順は以下の通りです。

 

1、フロントガラスの汚れを取り除く
2、ガラス以外の部分を養生する
3、研磨剤で磨く
4、ガラスクリーナーで拭き上げる

 

磨く前には、汚れでガラスを傷つけないように、フロントガラスをしっかりと洗い流しておきましょう。
その後はゴムや樹脂パーツを傷つけないように、マスキングテープなどで養生しておきます。

 

ワイパー傷を磨くときは、傷周辺も一緒に磨くようにします。
特に気になる部分があれば、時間をかけて丁寧に磨いてください。
最後にクリーナーで洗い流して、水分を拭き取ったら完了です。

 

市販の研磨剤を使用しても、ガラス傷専用の研磨剤を使っても構いません。
研磨剤とスポンジがセットになっている製品が使いやすいです。
ガラスを少し溶かして磨くような効果のある研磨剤もあります。
磨くと一緒に油膜や汚れを取り除く効果もあります。

自分で磨くときの注意点

ガラスを研磨すると、歪みや滲みが発生する可能性があります。
研磨するときに使う研磨剤の影響があり、ガラス表面をわずかに研磨するので、歪みや滲みが発生するのです。
また、研磨前のガラスの洗浄が不十分で、汚れが残っており、研磨すると余計に傷をつける恐れもあります。

 

特に素人がフロントガラスを磨くと傷をつけやすいです。
広い範囲を均一に磨かないと歪みの原因になるので、一箇所に力を集中しないように磨きましょう。

プロテクションフィルムを貼る

傷を消す方法ではないですが、ワイパー傷を防止するならば、フロントガラスにプロテクションフィルムを貼っておきます。
飛び石でガラスが割れるのを防ぐために使用しますが、ワイパー傷防止にも使えます。
傷に強いタイプがあるので、そのプロテクションフィルムを使ってください。

 

業者に依頼して貼り付けてもらうこともできますが、製品が売っているので、自分でも貼れます。
プロテクションフィルムを買うとなれば、費用は数千円です。
貼るときは、歪んだり気泡が入ったりしないように気をつけてください。

専門業者に修理を依頼する

傷が深いと自分で消すのは難しいので、専門業者に依頼して傷を直してもらいます。
下手に自分で行うと、磨き傷がつく恐れもあるので、自分で傷を消すのが無理だと思うなら、依頼した方が良いでしょう。

 

傷の深さによって修理費用が変わります。
浅い傷だと15,000円前後ぐらいであり、深い傷だと3万円や5万円の費用がかかります。
修理費用の他に、ガラスの撥水加工費用も必要です。
撥水加工費用は、軽自動車よりも普通自動車の方が高いです。

 

目立つような大きな傷がついたときは、ガラスごと交換するのも1つの方法です。
また、傷が大きすぎると消せないのでガラスを交換します。
最近は、純正よりも安い海外製のフロントガラスも登場しています。
フロントガラスの交換は、自分で行うのはほぼ無理なので、交換するとなれば業者に依頼することになるでしょう。
ガラスが大きいほど、交換費用が高いです。

 

まとめ

ワイパーを使うと、フロントガラスに傷がつくことがあります。
浅い傷だと自分で磨いて消せますが、深い傷になると業者に依頼して消してもらいます。
傷が大きいときは、フロントガラスごとに交換です。
ワイパー傷を消せるかどうかわからないときは、専門業者に見てもらいましょう。

ユナイトの施工事例はこちら

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム