お役立ち情報

車のサイドミラーが動かない!原因と対処法とは?

更新日:2021年10月22日

2470833_s

車のサイドミラーが閉じたままだったり、開いたままだったりと、動かなくなることがあります。

後方を確認するときに使うサイドミラーは、動かなくなると安全な運転に支障を来します。
サイドミラーが動かなくなる原因は何でしょうか?
この記事で、サイドミラーが動かない原因と対処方法を解説します。

サイドミラーが動かない原因

サイドミラーは、ほとんどのケースで以下の2つのどちらかが原因で動かなくなります。

 

・モーターの故障
・スイッチの故障

 

経年劣化で壊れるケースは少ないので、何かの原因でモーターやスイッチが壊れます。
ドアミラーは、手で無理矢理開閉するのはおすすめできません。
ギアを傷めてしまい、サイドミラーが動かなくなります。
また頻繁に開閉するのも避けた方が良く、ギアを早く傷める原因です。

 

サイドミラーのギアはプラスチック製なので、無理に力を加えたり、何度も使ったりすれば破損します。
狭い道や駐車場など以外の場所では、サイドミラーは動かさない方が良いでしょう。
砂が内部に入って動かなくなるときや、寒さで凍って動かないときもあります。

サイドミラーから音はするか?

サイドミラーを動かしても音がしないときは、モーターか開閉スイッチの故障が考えられます。
音がするときは、ギアがすり減っていたり、砂などで詰まっていたりして、サイドミラーが動かないです。
長年使っていると、サイドミラーのギアがすり減って動かなくなることもあります。

 

これらの原因で動かないときは、応急対応で直せますが、根本の原因を解決しないと故障したままです。
ギアやスイッチに問題があるときは、最終的にはドアミラーを交換することになるでしょう。

 

サイドミラーが動かないときの対処方法

サイドミラーが動かないときは、応急対応によって動かせるかもしれません。
まずは、以下の方法を試してみましょう。

 

・エンジンをかけ直す
・砂などを取り除く

 

いったんエンジンを切ってからかけ直してみましょう。
接触不良などでサイドミラーが動かないならば、エンジンをかけ直せば動くようになるときがあります。
サイドミラーの隙間に砂などが詰まっているならば、爪楊枝などで隙間を掃除し、水で綺麗に洗い流してみましょう。

 

最後に滑りを良くするために、潤滑剤などをスプレーしておきます。
ただし、これらの方法を応急処置であり、整備工場などで点検してもらい、何が原因か調べてもらってください。

手でゆっくりと開く

サイドミラーが閉じたまま動かなくなったときは、応急処置として手で動かして開けます。
最初にサイドミラーの開閉スイッチを切りましょう。
運転席側に開閉スイッチがついていることが多いです。
スイッチを切った後に、手でゆっくりとサイドミラーを動かして開いていきます。

 

サイドミラーはぶつかると、すぐ外れるようになっています。
そのために、無理矢理一気に動かすとサイドミラーが外れたり壊れたりする危険があるので、ゆっくりと動かしていきましょう。

サイドミラーの配線を外す

エンジンをかけると、サイドミラーから音がするときがあります。
サイドミラーは動かないけど、ギアが回転するような音だけしている状態です。
この音が目障りで気になるという方もいるでしょう。
そんなときは、サイドミラーの配線を切るか外せば音が消えます。

 

サイドミラーの配線を外すと、修理費用が高額になりますが、音が気になるので消したい方におすすめの方法です。
配線を切ったならば、絶縁処理もしておきます。
絶縁テープや絶縁チューブを使って、切った配線の先を覆っておきます。

 

サイドミラーの修理費用

サイドミラーを修理するとなれば、どこを修理するかで費用は違います。

 

・モーターを交換する : 2万円前後
・サイドミラーを丸ごと交換する : 4万円前後

 

修理費用は、部品代と工賃の2つです。
モーターを交換するよりも、サイドミラーを丸ごと交換した方が工賃は安いですが、全体としては丸ごと交換する方が費用が高いです。

 

サイドミラーの新品は高いので、丸ごと交換するならば、中古品を探すのも1つの方法です。
中古のサイドミラーは、以下の情報を元に探しましょう・

 

・車体番号
・年式
・型式や類別区分番号
・ドアミラーの機能

 

機能としては、ヒーターやウィンカーはあるのか、スマートキー対応かなどを調べます。
車によっては、カラーコードも必要です。
オークションで探す方法や、車屋さんに見つけてもらう方法があります。

 

ただし、配線が違うと取り付けられないので、素人が中古品を探すのはおすすめできません。

 

サイドミラーは、砂などが入っても動かなくなることがあるので、日頃から手入れをしておきましょう。
日頃からメンテナンスを行っておけば、サイドミラーが不調になるのを防げます。
洗車するときに、一緒にサイドミラーも綺麗にしておきましょう。

専門業者に車のメンテナンスと一緒に、サイドミラーもメンテナンスしてもらっても良いでしょう。

 

まとめ

サイドミラーは後方を確認するに使う重要なパーツです。
動かなくなれば、開閉できなくなり、開かなくなれば使えないので安全に運転するのに支障を来します。
応急処置すれば一時的に直るかもしれませんが、動くようにするには整備工場などで見てもらい、根本の原因を解決してください。
日頃メンテナンスしておけば不具合が起きにくくなるので、洗車時などは一緒にサイドミラーも綺麗にしましょう。
専門業者にメンテナンスをしてもらうのも、不具合を防ぐ方法です。

ユナイトの施工事例はこちら

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム