お役立ち情報

車は紫外線のダメージを受けている! コーティングは保護に有効?

更新日:2019年12月20日

7293img01

太陽の光に含まれている紫外線は、人体に悪影響を与えますが、実は車体にとっても同じことが言えるのです。愛車を長くきれいな状態で保っておくためには、紫外線が少なからず車のボディにダメージを与えることを知っておきましょう。

 

ここでは、紫外線が車に与える影響や、コーティングが保護に有効なのかどうか説明していきます。

 

車の塗装を劣化させる紫外線!コーティングはボディの保護に有効なの?

車のボディの劣化には紫外線が大きく関係しています。紫外線によるボディの劣化として、主に塗装が剥がれる、色あせが生じるといった症状が挙げられますが、これらはコーティングで防止することは可能なのでしょうか?

紫外線がボディの塗装の分子結合を破壊する

オゾン層の破壊が進んでいる昨今は、地上に降り注ぐ紫外線量が増加傾向にあります。従って、紫外線が私たちに与える影響も比例して大きくなっているのです。

 

紫外線を多く浴びると人間に健康被害をもたらすことは知られていますが、車のボディをも劣化させることはご存知ですか?

 

車が紫外線を浴びすぎると、ボディの塗装の分子結合が破壊され、本来持っている膜のような機能が果たせなくなるのです。

 

その結果、塗装が剥げたり色あせたりという劣化が起きてしまいます。

車を紫外線に当てないことで劣化を防ごう

紫外線の影響を受けないためには、極力紫外線に当たらないことが重要です。サンサンと太陽が照り付ける晴れた日は、強い紫外線が降り注いでいますし、曇りや雨の日でも快晴の日の30~60%は紫外線量があります。そのため、車を駐車するときは紫外線の当たらない場所がベターです。

 

例えば、自宅にカーポートやガレージを設けたり、屋根付きの月極駐車場を利用したりすることで紫外線の影響を最小限に抑えられます。

車のボディを紫外線から守るのにコーティングが有効

車に乗らないときは紫外線を避けることが可能ですが、走行中は紫外線に当たらないわけにはいきません。車のボディは無防備な状態になっており、紫外線の影響を受ける可能性は高くなります。

 

カーコーティングを施せば、ボディの塗装の上に被膜が形成されるため、紫外線が降り注いでも塗装面に達するリスクが低減します。人で言うところの、日焼け止めやUVカットスプレーなどに該当するものです。

 

この性質上、コーティングは「犠牲被膜」と呼ばれることもあります。もちろん、走行時でも紫外線によるダメージを防ぐことができます。集合住宅や賃貸物件で屋根付きの駐車場がない場合などにも有効な手段でしょう。

 

車を紫外線から守るにはガラス系コーティングがおすすめ!ガラスコーティングとの違いは?

前項では、カーコーティングは車のボディを紫外線から保護するのに有効とお伝えしました。コーティングの中でも紫外線対策に有効なのが、ガラス系コーティングです。

 

どんな効果が期待できるのか、またガラスコーティングとの違いをご説明します。

ガラス系コーティングはキズや汚れ対策にも可

カーコーティングと一言で言っても、その種類はいくつかに分けられます。大きく分けると油脂系、樹脂系、ガラス系、ガラスの4つになりますが、中でも特に紫外線対策に有効なのがガラス系/ガラスコーティングなのです。

 

ガラスコーティングは100%ガラス成分でできたコーティングのことです。ガラス繊維にフッ素やシリコンなどほかの成分を含んでいるガラス系コーティングとは似て異なります。性能の高さで言えばガラスコーティングの方が優れていますが、ガラス系コーティングも十分紫外線対策に効果的です。

 

ボディの塗装を劣化させる要因の一つに酸性雨が挙げられますが、ガラスコーティングやガラス系コーティングは雨から車を保護する役目も持っています。それだけではなく、キズや汚れが付きにくいというメリットもあり、メンテナンスの手間を省くことができます。また、ツヤが出るため愛車をより魅力的に見せてくれるでしょう。

カーコーティングはプロに任せた方が良い

ガラス系コーティングは自身でも施工することが可能です。しかし、コーティングの前に洗車をおこなったり、マスキングをしたりしなければならず、時間も手間もかかります。

 

失敗するとガラス系コーティングの意味がなくなってしまうため、コーティング技術に長けたプロに任せるのが望ましいでしょう。専門店であれば、ボディのコーティングはもちろん、窓ガラスやオープンカーの幌コーティングを依頼することもできます。

 

ガラス系コーティングは油脂系や樹脂系と比べると費用が高いですが、コーティングの効果が長く続きます。

 

効果の持続期間はガラス系コーティングで6ヶ月~1年程度、ガラスコーティングで3~5年程度です。

 

まとめ

紫外線は車にダメージを与えています。経年とともにボディの塗装が剥がれてきたり色あせしたりするのは、紫外線による車の劣化を意味しているのです。

 

プロにカーコーティングを施工してもらうことで、愛車をピカピカに保ち、長く乗り続けることができます。ぜひ、ガラス系コーティングを検討してみてください。

ご相談・お見積はこちら♪

  • 関東エリア 今すぐ!タップしてお電話ください。0120-00-2818
  • 関東エリア 今すぐ!タップしてお電話ください。072-970-5152
  • 交通アクセス
  • メール相談

お問い合わせ・お見積もり

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム