お役立ち情報

車磨きのポイントと注意点

更新日:2020年05月8日

7958img01

車を使っていると、気を付けていても汚れや細かい傷が付いてしまいますよね。
洗車では汚れや土や砂を取ることはできますが、傷までは取ることができません。
そこで「車のボディを磨いて、綺麗にしよう」と考える方は多いです。
特に自分の車に愛着を持った方であれば、古くなった愛車に昔の輝きを取り戻したいと思うでしょう。
しかし、車磨きは正しい知識がないと、かえって車に傷を付けてしまうことに。

 

今回は、車磨きの方法やポイントについて詳しく解説します。

 

車磨きにはポリッシャーがおすすめ

車磨きと言えばポリッシャーです。
ポリッシャーと聞いて、床を磨く大きな機械というイメージを持つ方も多いですね。
車磨きにもポリッシャーを使用します。

 

「わざわざポリッシャーを使わなくてはけないの?」と感じるかもしれませんが、車をより綺麗にしたい場合や、古くなった車に新車のような輝きを与えたい場合はポリッシャーで磨く必要があります。
ただし、新車やコーディングをしたばかりの車であれば、スポンジによる洗車だけで十分綺麗になります。

ポリッシャーで車を磨くメリット

ポリッシャーで車を磨くメリットは、傷やシミを消えたように見せられることです。
車をポリッシャーで磨くことは、車に微細な傷を付けて、研磨していくこと。
平らに研磨できた部分に艶を出してあげることで、綺麗な仕上がりとなります。
新車のようにキラキラした塗装に仕上げることが可能です。

 

車磨きの手順を解説

車磨きを綺麗に仕上げるには、ポリッシャーで磨くだけではなく、たくさんの工程が必要になります。

 

1.洗車
車の洗車を行い、ボディを付いている汚れや砂埃を洗い流します。
水垢やしつこい汚れも落とします。
まれに洗車だけでは落ちない鉄粉などの汚れがありますので、そういったものは粘土クリーナーを使用して落としていきます。
車の汚れは、車を磨くときに邪魔になってしまいますので、落とし忘れがないようにしましょう。
洗い流した後は、しっかりと車の水分を拭き取っておきます。

 

2.マスキング
車の磨かない部分を、新聞紙やマスキングテープで保護をします。

 

3.研磨
ポリッシャーを使って、車を磨いていきます。

 

4.脱脂
コンパウンドに含まれる油分を拭き取ります。洗い流す場合も。

 

5.コーティング

 

6.乾燥

たくさんの工程がありますが、それぞれが大切な作業です。
特に研磨に入る前の洗車は、水垢や油汚れがないように、念入りに行います。

 

車の磨き傷を少なくする方法

車の磨き傷を少なくするには、コンパウンドを上手に選択する必要があります。
コンパウンドは、バフと呼ばれるポリッシャーに装着する研磨用の布に塗布する研磨剤です。

 

コンパウンドには研磨用の粒の含まれており、粒の粗さによって種類が分かれます。
粒が粗い方が磨く力は強く、粒が細かい方は磨く力が弱いです。

通常は、粒の粗いコパウンドを使用した後に、粒の細かいコンパウンドを使用して仕上げていきますが、慣れないうちは、様子を見ながらコンパウンドを使っていきましょう。

 

注意点は研磨した際に飛び散るの粉塵を吸い込まないようにマスクを着要することです。
ガラス面や樹脂はコンパウンドで研磨すると、傷が付いてしまうので、しっかりマスキングで保護しましょう。

 

車の磨き傷を目立たなくするガラスコーティング

研磨と脱脂が終わったら、コーディングを車に施します。
コーディングを施すことで、保護膜ができ、塗装の変色を防ぎ、光沢を出すことができます。

 

コーディングで最も主流なのが、ガラスコーディング。
ガラスコーディングにはたくさんのメリットがあります。

 

・傷が目立たない
・傷が付きにくい
・車のボディを保護する
・艶が持続する
・長期間効果が持続

 

車の磨きの仕上げには必ずコーディングを行うようにしましょう。

 

車磨きを自分で行うメリット・デメリット

車磨きはもちろん自分で行うことができます。
ただし、メリット、デメリットを把握した上で、自分で行うかを決める必要があります。

車磨きを自分で行うメリット

車磨きを自分で行うメリットは何と言っても、費用です。
最初は道具を揃える必要があるため、初期費用が発生しますが、それでも業者にお願いするよりはリーズナブルです。

車磨きを自分で行うデメリット

デメリットは、車に大きな傷を付けてしまう可能性があることです。
車を磨くことは削っていくことなので、少しでもミスをすると、車に大ダメージを負わせてしまいます。
慣れていない方が車磨きを行った場合、かえって車を傷めてしまう結果になることが数多くあります。
車を磨くことは簡単な作業ではありません。
少しだけ研磨するつもりが、ついやりすぎて塗装を剥いでしまうことも。

 

もしも塗装が剥がれてしまったら、それこそ業者にお願いすることになり、多額の費用がかかってしまいます。

車磨きはプロに任せるべき

車磨きを自分で行うメリット・デメリットを比べると、デメリットの方がはるかに大きいです。
慣れていない方では、多くの場合失敗してしまいます。
プロであれば、設備や道具がしっかり揃っていて、作業者の技術も高いので、車を傷つけるリスクが少なくて済みます。

 

費用の面では確かに大きな金額がかかってしまいますが、その分、車全体をしっかりと磨いてくれます。

決してお金の無駄にはなりません。

自分で車を磨いてトラブルを起こすよりは、プロにお願いして確実に車をピカピカにしましょう。

 

まとめ

車磨きにはポリッシャーを使用することで、車のボディをピカピカに仕上げることができます。
ポリッシャーは車のボディを研磨するために使いますが、慣れていない方には難しい作業です。

車磨きの手順は、洗車→マスキング→研磨→脱脂→コーティング→乾燥となります。

どの工程も大事ですが、洗車は水垢や油汚れがないように念入りに行い、きちんと乾燥をさせましょう。

 

車磨きは自分で行うと、費用は抑えられますが、大切な愛車を傷つけてしまう恐れがあります。
プロに任せて確実に車をピカピカに仕上げてもらいましょう。

ご相談・お見積はこちら♪

  • 関東エリア 今すぐ!タップしてお電話ください。0120-00-2818
  • 関東エリア 今すぐ!タップしてお電話ください。072-970-5152
  • 交通アクセス
  • メール相談

お問い合わせ・お見積もり

お見積・お問い合わせ 採用・求人情報

困ったときは、お客様サポート

「コーティング」「カーフィルム」「キズ・ヘコミ直し」など、お車に関するお見積り・お問い合わせはお気軽にお電話ください!
(電話受付時間 平日9:00~18:00)

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

お問い合わせ

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

採用・求人情報

ユナイトでは、現在一緒に楽しく働く仲間を大募集中!充実した待遇など、メリットも多数あり、女性スタッフも活躍している業界です。

求人情報経験者はコチラ

求人詳細情報未経験者はコチラ

お問い合わせ・ご応募お待ちしております。0120-18-9374[受付日時]AM9:00~PM18:00

お問合せ・応募フォーム